HOME女性部会 >> ごあいさつ


 

 未来に向けて輝く女性部会


公益社団法人伊勢法人会 女性部会長 平石 紀久子

 神宮の山々が初夏を迎える五月十五日の報告食事会におきまして、部会長の大役のご指名をいただきました。三期六年間に数々の事業等を真摯にご尽力され、ご立派な功績を残された山口前部会長の後任は、とても身にあまる光栄なことで、とても重責を感じています。
 女性部会は昨年度三十周年を迎えました。発足後諸先輩方の熱意と絆で築き上げて大きく育てた部会を私共にバトンを渡されました。その大切なバトンを次につなぐために微力をふりしぼり「未来に向けて輝く女性部会」に力を注いでまいります。
 いま、社会貢献で経済効果をあげている一つに十八年ぶりの日本人横綱誕生に同部屋から大関も出て相撲ブーム、将棋界でも十四歳の少年が連勝を二十九勝までの快挙でグッズ等の売れ行きで経済効果をあげての社会貢献、この地方でも伊勢志摩サミット開催から一年過ぎての菓子博開催で観光地の活性化も経済効果の社会貢献となります。法人会も公益法人化となり社会貢献活動を重視し、女性部会も各事業において会員一人ひとりの呼びかけで参加型に、会員と親睦を図って絆を深めて委員会活動の向上を目指していき『明るい、楽しい、入会してよかった法人会女性部会』に会員の皆様方に思っていただけるように頑張ります。皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。
 最後になりましたが、税務ご当局様におかれましては七月の定期異動によりまして新しく着任されました浅井署長様、辻井統括官様、本会の皆様、女性部会活動に深いご理解、温かいご指導、お力添え、ご協力をたまわり、より一層のご支援をお願い申し上げます。